有限会社明るい農村は、熊本県菊池市旭志新明にて、エコ燃料としても見直されて いる炭木・竹炭の作成、竹炭製品の窯元として日々日本の伝統技術である 「木竹炭の製造」をおこない、高品質の竹炭製品や竹酢液を製造・販売しております。
現在、炭づくりの後継者の育成にも努めており、煙を見ながら、匂いを感じながら、 そして、気温、湿度を見ながら焼く温度を調節する、そんな「生きた技術」を お伝えし、炭づくりの普及活動をおこなっております。
また、代表の末廣勝也設計の炭窯は特許を取得しており、 国内外で高い評価をいただいております。
代表:末廣勝也
元々炭焼き職人の父を持ち、子どもの頃から竹炭の生産に携わっていたが、一時中断。 放置竹林の問題もあり、竹炭の原材料である竹の成長が早く原材料の確保に困ること がない、資源的にも環境的にも優しい「竹炭づくり」の技術を絶やしてはならない という熱い気持ちで竹炭づくりを再開。日々昔からの技術に新しい創意工夫を組み 合わせて新たに炭窯づくりで特許を取得。近年では、ベトナム、フィリピンルソン島、 アフリカマダカスカル島、ラオス共和国、中国の桂林・上海・杭州・杭州・南寧など をはじめとした海外の国々で、備長炭の窯の作成方法や炭焼きの方法を指導し、 伝統技術である木炭づくりを後世に伝える為、精力的に活動しています。
代表の末廣勝也は炭窯づくりを通じて日本のエネルギー文化を
国内外に伝える活動を続けています。
炭焼きの「生きた技術」を お伝えし、炭づくりの広い普及活動を
おこなっております。

トップページ明るい農村について竹炭ができるまでよくあるご質問お問い合わせプライバシーポリシーサイトマップリンク集 特定商取引法表記 ショッピング
ページ先頭へ戻る
Copyright © 明るい農村. All Rights Reserved.